高野山真言宗

 

高野山真言宗

 

真言宗は、弘法大師空海が平安時代初期に大成した真言密教の教えを教義とする教団です。 真言密教の「真言」とは、仏の真実の「ことば」を意味しています が、この「ことば」は、人間の言語活動では表現できない、この世界やさまざまな事象の深い意味、すなわち隠された秘密の意味を明らかにしています。 弘法大 師は、この隠された深い意味こそ真実の意味であり、それを知ることのできる教えこそが「密教」であると述べています。 それに対して、世界や現象の表面にあ らわれている意味を真実と理解している教えを「顕教(けんぎょう)」と呼んでいます。 「顕教」とは、声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)の教え(二乗) と法相宗、三論宗さらに天台宗、華厳宗などの大乗仏教を指しています。
真言宗とは、仏と法界が衆生(しゅじょう)に加えてい る不可思議な力(加持力・かじりき)を前提とする修法を基本とし、それによって仏(本尊)の智慧をさとり、自分に功徳を積み、衆生を救済し幸せにすること (利他行・りたぎょう)を考える実践的な宗派と言えます。

高野山真言宗

 

お問い合わせはこちらへお願いします